Day1

空港到着後、石垣島をぐるっと一周ドライブへ。

飛行機で石垣空港に到着。レンタカーを借りて石垣島ドライブへ。
(車20分16km)
あそぶ

Tamatorizaki Observatory

玉取崎展望台

石垣島の北東に位置する展望台。駐車場から頂上までの遊歩道には南国の花ハイビスカスやヤシの木があり、リゾート気分を盛り上げ上げてくれます。歩いて数分で小高い丘の頂上に到着でき、目の前には美しい海と、「シーサーのしっぽ」と呼ばれる平久保半島を一望することができます。
Data:玉取崎展望台
住所/〒907-0332 沖縄県石垣市伊原間
TEL/ 0980-82-2809(石垣市観光交流協会)
(車6分 4km)
あそぶ

Ibaruma Sabichi Cave

伊原間サビチ洞

国内で唯一海へと抜けることができる鍾乳洞。鍾乳洞の神秘さと不思議さを味わいながら洞窟を抜けると、エメラルドグリーンの美しい海が目の前に広がります。海底隆起で石垣島ができた約3憶7000年前に誕生したといわれる鍾乳洞です。
Data:伊原間サビチ洞
住所/〒907-0332 沖縄県石垣市伊原間185-44
TEL/ 0980-89-2121
(車17分 12km)
あそぶ

Cape Hirakubosaki Lighthouse

平久保崎灯台

Data:平久保崎灯台
住所/ 〒907-0331 沖縄県石垣市平久保234−50
(車30分 23km)
あそぶ

Fukido River Mangrove

吹通川のヒルギ集落

吹通川の河口周辺に広がるマングローブで、国の天然記念物に指定されるヤエヤマヒルギやオヒルギ、メヒルギが群生しています。干潮時には水が引き、マングローブの中を歩いて散策することもでき、カニなどの生き物とも出会えます。
Data:吹通川のヒルギ集落
住所/〒907-0333 沖縄県石垣市野底
(車11分 8km)
あそぶ

Yaeyama Palm Grove

米原のヤエヤマヤシ群落

国の天然記念物に指定されている米原のヤエヤマヤシは八重山諸島の石垣島と西表島のみに自生するヤシ科の植物。遊歩道は約10分くらいでまわれます。トロピカルジュースやお土産品のお店があり、人気の「サトウキビジュース」がおすすめ!
Data:米原のヤエヤマヤシ群落
住所/ 〒907-0451 沖縄県石垣市桴海546
(車15分 10km)
あそぶ

Kabira Bay

川平湾

川平湾(かびらわん)は、美しいエメラルドグリーンな海面と緑豊かな島々が点在する海です。川平湾は流れが強くて危険なため、遊泳は全面禁止。水中の珊瑚や熱帯魚を見るには、船底が透明なガラス張りで美しい水中の光景を見ることができるグラスボードが出航しています。
Data:川平湾
住所/ 〒907-0453 沖縄県石垣市川平1054
(車14分 9km)
あそぶ

Oganzaki

御神崎

石垣島西部の屋良部半島にある岬。半島の岬なので四方の絶景を望むことができます。特に夕方のサンセットは絶景。海に沈む夕日が堪能できます。
Data:御神崎
住所/ 〒907-0452 沖縄県石垣市崎枝
(車30分 20km)
とまる

Hotel Miyahara

南の美ら花 ホテルミヤハラ

石垣港離島ターミナル、バスターミナルまでの徒歩1分で立地抜群。
Data:南の美ら花ホテルミヤヒラ
住所/ 〒907-0012 沖縄県石垣市美崎町4-9
TEL/ 0980-82-6111

Day2

ワイルドな自然が楽しめる西表島へ!

ホテル出発、石垣港から高速船で40分、西表島へ。港でレンタカーを借りて出発します。
(車10分 6km)
あそぶ

Jungle Cruise & trekking

マリユドゥ・カンピレーの滝のトレッキング

浦内川の遊覧船に乗ってジャングルクルーズ。上流船着場からは、トレッキングでマリュドゥの滝、カンピレーの滝を目指します。片道約1時間のトレッキングは、迷うことない1本道ですが、まさにジャングル!マリユドゥの滝は、日本の滝百選にも選ばれている滝。カンピレーの滝はダイナミックな景観が楽しめます。
Data:浦内川観光
住所/ 〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町上原870-3
TEL/ 0980-85-6154
(車8分 4.8km)
あそぶ

Starsand Beach

星砂の浜

砂浜に、星の形をした須永あることから、星砂の浜と呼ばれているビーチ。遠浅のビーチで水温も高く、ひざ下辺りの深さの場所でカラフルなお魚を見ることができ、シュノーケリングがおすすめです。
Data:星砂の浜
住所/ 〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町上原
(車8分 4.8km)
上原港へ。高速船で石垣島へ帰る

Day3

最終日は、石垣から船で10分、沖縄の原風景が広がる竹富島へ!

ホテル出発、石垣港から高速船で10分、竹富島へ。
(港から分 12km)
あそぶ

Water buffalo carriage

水牛車観光

30分程かけて赤瓦の街並みをめぐるツアー。竹富島の文化を感じられる見どころが満載のコースを、のんびりゆったりの水牛の歩みで、昔ながらの細い路地を巧みな運転で通り抜けるツアーは、特別な時間を味わうことができます。
Data:水牛車観光(新田観光)
住所/ 〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富97
TEL/  0980-85-2103
(自転車15分 1.8km)
あそぶ

West Pier

西桟橋

海に向かって伸びる桟橋から美しい海の絶景が広がります。その昔、農耕地が少ない竹富島の住民が西表島に作った水田に通うために作った桟橋で、2005年に国の有形文化財に登録。鮮やかなブルーの、透明度抜群の海は、いつまでも眺めていたくなるほどの美しさです。
Data:西桟橋
住所/ 〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富207
(自転車6分 1km)
あそぶ

Kondoi Beach

コンドイビーチ

真っ白な白砂ビーチと、透き通った青い海が美しいビーチです。遠浅で波も少ないため静かなビーチです。沖まで砂地なので、珊瑚や熱帯魚を楽しむシュノーケリングには不向きですが、のんびり過ごすにはぴったりです。猫がたくさんいて、癒されます。
Data:コンドイビーチ
住所/ 〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富
(自転車4分 0.75km)
あそぶ

Kaiji Beach

カイジ浜

コンドイビーチの隣にあるビーチ。潮の流れが速いので遊泳禁止ですが、きれいな海と木陰があるので、休憩するにはぴったりです。砂浜に星の砂があることでも有名で、星砂浜とも呼ばれています。手のひらに砂をつけて星砂探しをするのも楽しいです。
Data:カイジ浜
住所/ 〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富
(自転車4分 0.75km)
あそぶ

Nagomi Tower & Akayama Observatory

なごみの塔、あかやま展望台、竹富島の集落散策

なごみの塔は島の中央にある小高い岩山・赤山丘の上に立つ4.5mの塔。現在は老朽化によりのぼることができなくなってしまったのですが、お向かいのあかやま展望台から赤瓦の琉球建築民家が立ち並ぶ「竹富集落」を一望できます。集落にはお店や飲食店もあるので、ローカルフードやショッピングが楽しめます。
Data:なごみの塔
住所/ 907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富
レンタサイクルを返却し、船で石垣島へ。石垣港からバスで空港へ。夕方便で羽田へ。

旅行代金(概算)

おひとり様
オンシーズン(2名1室) 99,800円~
オフシーズン(2名1室) 59,800円~
含まれるもの
交通費(飛行機 往路:羽田空港―石垣空港・復路:石垣空港―羽田空港)、レンタカー代金(石垣空港―石垣市内乗り捨て、西表島上原港―上原港)、レンタサイクル代金(竹富島)、フェリー代金(石垣港―西表島往復、石垣島―竹富島往復)、西表島クルーズ代金、竹富島牛車観光代金、
ホテル2泊(食事なし)、消費税

Sights Information

石垣島

八重山諸島を観光する拠点となる島。各島へのフェリーが石垣島から出ているので、八重山の島々への玄関口となります。石垣島市内には、飲食店やお土産物屋も充実しており、ホテルも気軽に宿泊できるお手頃なお宿から、高級リゾートホテルまで揃っているので、旅のスタイルに応じてお選びいただけます。石垣島は車で3時間ほどで一周できる広さなので、半日ドライブでも回れますが、立ち寄りながらのドライブであれば、1日ドライブがおすすめです。

竹富島

石垣島から船でわずか10分で到着する、小さな離島。沖縄の原風景が残る島で、古き良き沖縄の風景が楽しめます。面積は約5.4k㎡、周囲は9.2㎞なので、自転車で回れる大きさです。牛者に乗ってのんびりと島内観光したり、気ままに歩いて散策したり、赤瓦の屋根、石垣の塀、白砂の道といった、昔ながらの町を味わえます。

小浜島

島の周囲が16キロほどの小さな島。さとうきび畑が広がり、綺麗な海からマングローブまで、南国の自然にあふれており、ドラマの舞台にもなった島です。石垣島と西表島の間という八重山諸島のほぼ中央に位置し、石垣島から高速船で約25分で移動できます。竹富島や西表島から小浜島へも島間航路の運航がありますが、乗船には事前予約が必要です。

黒島

石垣島からフェリーで約30分。人口の10倍以上の数の牛が暮らす、信号も交番もない、のどかな島。外周役12.6キロで、起伏もほとんどない平坦な島なので、自転車で1時間ほどで回れます。海の上に立っているような気分になれる「伊古桟橋」、エメラルドグリーンに輝く美しい天然ビーチ「西の浜」、透明度抜群で美しいサンゴ礁と熱帯魚を見ることができる「沖本海岸」など、美しい海を眺めていると時間を忘れてのんびり過ごせます。

波照間島

日本最南端の島。島内にはバスも信号もリゾート施設もなく、さとうきび畑や自然あふれる海岸、昔ながらの家並みが残り、のんびりと過ごすことができます。満点の星が眺められることから「星の島」とも呼ばれ、本州では見ることができない南十字星が観測できます。八重山諸島の中でも抜群の美しさを誇る海は「ハテルマブルー」と呼ばれる独特な青さ。海にはたくさんのサンゴや魚はもちろんのこと、ウミガメに遭遇することも!

西表島

沖縄で2番目に大きい島。面積の90%が亜熱帯のジャングルで、希少な動植物が多く残っています。原生林に覆われているため、内陸部の観光スポットへや遊覧船やカヤックなどを利用していきます。川下りやトレッキングツアー、ジャングルクルーズ、カヤック、ダイビングなどのアクティビティツアーに参加して、大自然の魅力を存分に味わいながら、思いっきり遊んで過ごすのがおすすめです。

与那国島

日本最西端の地、与那国島。東京からは1,900㎞、沖縄本島からは509㎞、石垣島から127㎞の距離がありますが、台湾まではわずか111㎞なので、年に数回、台湾の山並みが見えることがあります。海岸は断崖絶壁が続き、謎の海底遺跡、ヨナグニウマが放牧されている広大な牧場など、八重山のほかの島々とは、自然、文化、歴史全てが違う独特の雰囲気です。
石垣島からは飛行機で約30分、フェリーも運行していますが所要時間役4時間で天候によっては欠航することもあるので注意。

八重山そば

沖縄の「ソーキそば」は豚のスペアリブが乗っていて平面のちぢれ麺」が使われていますが、八重山そばはかまぼこと豚肉の細切りが乗っており細めでちぢれのないストレート麺。スープはお出汁が効いてあっさりとしています。八重山地方しか使っていない、独自の調味料の島こしょう「ヒバーチ」をかけて味変を楽しむこともできます。

石垣牛

もともと、石垣と八重山諸島では、黒毛和牛の養牛が盛んで、全国のブランド牛のルーツにもなっています。石垣牛は赤身もしっかり味わいがあり、脂もあっさりしていてもたれにくく、2000年に行われた沖縄サミットの首脳晩餐会でメインディッシュとして振舞われて高い評価を頂いたこともある和牛。せっかくなのでステーキや焼き肉で味わっていただきたいですが、石垣牛牛丼ならリーズナブルに石垣牛が味わえます。

じゅーしーかまぼこ(おにぎりかまぼこ)

炊き込みご飯をかまぼこで包んだおにぎり。お店によって、組み合わせが異なります。黒紫米のおにぎりを野菜かまぼこで包んだもの、じゅーしー(沖縄風炊き込みご飯)をかまぼこで包んだもの、ドライカレーをイカスミかまぼこで包んだものなどが有名。市内の店舗のほか、空港やフェリーターミナルでも購入可能です。