Day1

カンボジアの歴史の旅スタート。日本からカンボジアの首都プノンペンへ〜

成田空港 → プノンペン国際空港へ。到着後、送迎車でホテルへ。その後、フリータイム。市内を散策したり、ナイトマーケットをお楽しみください。

(車32分13km)
おみやげ

Central Market

セントラル・マーケット

黄色の建物が目印のカンボジア最大級の規模を誇るローカルマーケット。中央のドームから、四方に十字に広がり、かなりの広さ。生活に必要な日用品や食料品から、観光客向けのお土産もたくさんあります。朝7時頃~夕方5時頃まで開いています。
Data: Central Market セントラル・マーケット
住所/ Calmette St. (53), Phnom Penh
(徒歩15分 1km)
おみやげ

Night Market

ナイトマーケット

リバーサイドの北部にて開催されるナイトマーケット。どこからでも入れますが、川の流れている東側のメインの入り口正面は広場のようになっていて、南北にお店が広がっていて、中央にはステージがあります。衣類やアクセサリー、食べ物などが楽しめます。観光客向けではないので、ローカルの雰囲気を楽しめます。
Data:Night Market ナイトマーケット
住所/ Preah Sisowath Quay, Phnom Penh
(徒歩15分  1km)
とまる

Rosewood Phnom Penh

ローズウッド・プノンペン

プノンペンで最も高いタワービル「ヴァタナック・キャピトルタワー」の25階~39階にある5つ星ホテル。プノンペンと空港や地方都市を結ぶプノンペン・ロイヤル駅の目の前にあり、とても便利。館内には屋内プール、ジム、スパ、和食やフレンチなど5つのレストランがあります。
Data: Rosewood Phnom Penh ローズウッド・プノンペン
住所/ Vattanac Capital Tower, 66 Monivong Boulevard, Sangkat Wat Phnom, Khan Daun Penh, 120211, Phnom Penh, Kingdom of Cambodia
TEL/ 855-23-936-888

Day2

歴史ある仏教寺院や王宮から、ポル・ポト政権下の暗黒時代を知るプノンペン1日観光

ホテル出発
(車10分  3km)
あそぶ

Royal Palace & Silver Pagoda

王宮&シルバー・パゴダ

アンコール朝最後の王、ボニャー・ヤットが建設した王宮。黄金色の大屋根とクメール様式の尖塔が目立つ建物で、現国王と王妃が暮らしています。王宮そのものは中には入れませんが、敷地内には戴冠式が行われた迎賓館やシアヌーク国王が演説を行ったテラスなど見どころ満載。王宮の南側に隣接するシルバー・パゴダは、床に5000枚以上の銀のタイルが敷き詰められ、ダイヤモンドやエメラルド、金銀を散りばめた仏像などたくさんの宝物も収められています。王室の祖先を祭るために立てられた寺院です。
Data:Royal Palace & Silver Pagoda 王宮&シルバーパゴダ
住所/ Samdach Sothearos Blvd., Phnom Penh
(車10分  3km)
あそぶ

Wat Phnom

ワット・プノン

1372年に、ペン婦人という女性が、川を流れていた4体の仏像をまつるために建てたといわれる仏教寺院。小高い丘に建つ寺院で、ワット(寺)プノン(丘)と名付けられています。寺院内部には、仏陀の一生を描いた絵が壁一面に広がり、鮮やかな色彩で、異国情緒たっぷり。ペン婦人の石像もあります。
Data:Wat Phnom ワット・プノン
住所/ Street 96 Norodom Blvd, Phnom Penh, Cambodia
(車7分  2.2km)
あそぶ

Independence Monument

独立記念塔

1953年にフランスから独立したカンボジア。これを祝って1958年に建てられたのがこの独立記念塔です。蛇の姿をした守り神「ナーガ」が取り囲むデザインは、アンコールワット中央祀堂の尖塔をイメージさせるデザイン。塔の周りの広場は公園へと続いています。夜はライトアップされて地元の方々のデートスポットとしても有名です。
Data:Independence Monument 独立記念塔
住所/ No.363, Sisowath Quay, Phnom Penh
(車7分 2.1km)
まなぶ

Tuol Sleng Genocide Museum

トゥール・スレン博物館(S21)

ポル・ポト時代に、拷問・処刑が行われていた、政治犯収容所のS21(トゥール・スレン)。S21は、クメール・ルージュ(カンボジア共産党)支配下のカンボジアにおいて設けられていた政治犯収容所の暗号です。現在は、地名を取ってトゥール・スレンと呼ばれており、国立のトゥール・スレン虐殺犯罪博物館となっています。2年9か月の間に、14,000~20,000人が収容され、生還できたのは8人のみだったと言われています。革命に学問は不要という方針を打ち出したクメール・ルージュにより、知識人はその家族も含め反革命分子としてとらえられ、拷問の末、殺されました。
建物は、元学校の校舎で、A~Dの4つの棟があり、教室だった各部屋には、今も拷問の痕跡や収容者をつないでいた鎖の止め具の跡などが残ります。処刑された人々の顔写真や拷問の様子などが数多く展示されています。
Data: Toul Sleng Genocide Museum トゥール・スレン博物館(S21)
住所/ St. 113, Beoung Keng Kang III, Chamkarmorn
TEL / 023-6655-395
(車30分 16km)
まなぶ

Killing Fields/Choeung Ek Memorial

キリング・フィールド(チューン・エック)

ポルポト率いるクメールルージュ(政治勢力)によって大量虐殺が行われましたが、キリング・フィールドとは、その殺害の現場となった「刑場」のこと。カンボジア全土にわたって存在しますが、その中でも一番有名なものが、このチューン・エック村にあるものです。場内では、亡くなられた方の遺骨が納められた慰霊塔や、処刑場、衣服の展示などを見学することが出来、当時の悲惨さが伝わります。
Data:Killing Fields/Choeung Ek Memorial キリング・フィールド(チューン・エック)
住所/ Roluos Village, Sangkat Cheung Aek, Phnom Penh, Cambodia
(車40分 16km)

飛行機でシェムリアップへ。カンボジア国際空港 → シェムリアップ国際空港
 
(車25分 9km)
とまる

Borei Angkor Resort & Spa

ボレイアンコールリゾート&スパ

クメール流のおもてなしを体験できる5つ星リゾート。館内には、レストランやバー、プールはもちろん、ジャグジーやサウナ、フィットネスセンターやビューティーサロンなど充実の施設を完備。
広々とした客室はバルコニー付(スーペリアルーム以外)で、外の景色を楽しみながらリラックスできます。
Data: Borei Angkor Resort & Spa ボレイアンコールリゾート&スパ
住所/ National Road, 6, 369 Banteay Chas Slokram, Siem Reap, CAMBODIA
TEL/855 15 430 222

Day3

郊外の遺跡を巡る一日。ベンメリア遺跡&コーケー遺跡&プレアヴィヒア寺院へ

ホテル出発
(車75分  60km)
あそぶ

Beng Mealea

ベンメリア遺跡

アンコール・ワット遺跡から東へ約50キロ、車で約1時間の場所にある遺跡。遺跡の存在が明らかになった後も、約30年にも及ぶ内乱の間放置され、現在も未修復のまま森の中にひっそりと佇む巨大寺院「ベンメリア」。原形をとどめないほど崩壊がひどく、苔むし、ほとんどががれきの山と化し廃墟の感を漂わせているが、遺跡内は安全の確保のため足場が築かれており、歩きやすく迷うこともありません。
Data:Beng Mealea ベンメリア遺跡
住所/ Prasat Beng Mealea, Angkor Archaeological Park, Cambodia
(車65分 57km)
あそぶ

Koh Ker

コーケー遺跡群

10世紀に建てられた王都。たったひとりの王のためだけの、十数年間だけの王朝とされています。迫力満点の7段ピラミッド型の寺院「プラサットトム」を中心に、30以上の祠堂や貯水池跡などの遺跡が残っています。他のアンコール遺跡と異なる点が多い遺跡です。プラサットトムは、頂上まで上ることができ、この頂上からは360度の密林の絶景を楽しむことが出来ます。
Data:Koh Ker コーケー遺跡群
住所/ RN64 - 2km south KOH KER site entrance and Srayang 100 Km North of Siem Reap
TEL/ 855 78 709 420
(車140分 135km)
あそぶ

Preah Vihear Temple

プレアヴィヒア寺院

カンボジアの北端、タイとの国境に連なる山地にあるカンボジアの大地を見下ろす絶景のヒンドゥー教寺院。2008年に世界遺産に登録された。寺院名の「プレアヴィヒア」とはクメール語で「神聖な寺院」の意味で、サンスクリットから来ている。5つの塔門を順にめぐり、最初の門から頂上の絶景ポイントまで約800mの距離があります。最初に見える第五塔門の屋根飾りの部分は、今も使用される旧2000リエル札のデザインにもなっています。
Data:Preah Vihear Temple プレアヴィヒア寺院
住所/ Preah Vihear,Kingdom of Cambodia
(車4時間15分  235km)
たべる

Georges Rhumerie

人気レストラン「ジョージ ラムリエ」にて夕食

人気のフレンチクメールフュージョンレストラン Georges Rhumerie。フランス人オーナーがカンボジア料理を食べやすくアレンジした料理が人気です。自家製ラム酒のお試しセットなどもあり連日多くのお客さんで賑わっています。
Data:Georges Rhumerie
住所/ Georges’Ln, Krong Siem Reap
TEL / 855 96 861 7448
(車7分  3km)
ホテルへ
Borei Angkor Resort & Spa ボレイアンコールリゾート&スパ(2泊目)

Day4

朝日鑑賞からスタート!アンコールワット終日観光

朝4時半~5時半、ホテル出発
(車15分  7km)
あそぶ

Angkor Wat Sunrise

アンコールワット 朝日鑑賞

朝・昼・夜と違った顔を見せるアンコールワット遺跡。中でも早朝は、神秘的な空気が漂う中、夜明けとともにゆっくりと徐々に空がオレンジに染まる様子がご覧いただけ、早起きしてでも行く価値大!朝日の光が遺跡を包み込むような景色は言葉にできないほど神秘的です。
Data:Angkor Wat
住所/ Angkor Ruins, Siem Reap
一旦ホテルへ戻って、各自朝食をお召し上がりください。

(車15分 7km)
あそぶ

Angkor Tom

アンコールトム

アンコールトムは、門と城砦、寺院などからなる12世紀の都市遺跡。超巨大遺跡で「アンコール遺跡群」の一部として世界遺産に認定されています。南大門、バイヨン寺院、象のテラスなど多くの遺跡があり、これらの遺跡を総称して「アンコール・トム」といいます。
約3キロの塀と高さ約8キロの城壁で囲まれていて、総面積は900ha(東京ドーム60個分以上)。外部とは南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門の5つの城門でつながっています。中央にバイヨン寺院があり、その周囲に象のテラス、ライ王のテラスなどがあります。バイヨン寺院の特徴は、謎めいた微笑を浮かべる最大2m余りの大きな顔が彫られた四面像で、通称「クメールの微笑」といいます。
Data:Angkor Tom アンコールトム
(車11分  4.5km)
あそぶ

Ta Prohm

タ・プローム

ジャヤヴァルマン7世が王位について最初に手掛けた寺院。巨大なスポアンの木が絡みつき、自然の驚異を感じさせるとともに、自然と遺跡の共存の姿に圧倒されます。巨木の隙間からはデヴァター(ヒンドゥー教の女神)が多くみられます。創建当初は仏教寺院であったが、のちにヒンドゥー教の寺院に改宗されたため、2つの巨大宗教が入り混じります。映画『トゥーム・レイダー』の舞台としても知られています。
Data:Ta Prohm
住所/ Angkor Archaeological Park, Krong Siem Reap,
(車36分 26km)
あそぶ

Banteay Srei

バンテアイ・スレイ

アンコールワットより北へ約30キロのバンテアイ・スレイ遺跡は「東洋のモナリザ」と呼ばれる女神像のレリーフ(浮き彫り)で有名ですが、それ以外にも美しく精緻な数多くのレリーフが堪能できます。紅色砂岩が使われているため、全体が赤っぽい暖色系の色合いで、黒々とした岩で造られた巨大な寺院遺跡とは違うイメージです。その優美な外観から「女の砦」と称され、クメール芸術の至宝と絶賛される遺跡です。
Data:バンテアイ・スレイ
住所/ Angkor Archaeological Park, Siem Reap 17000
(車50分 34km)
おみやげ

Angkor Cookies Shop

アンコールクッキーショップ見学

アンコール・ワット型の手作りクッキーのお店。カンボジア人の手による本物のカンボジアみやげを作ることを目指して開業して以来、定番のおみやげとして有名。国産のカシューナッツとヤシ砂糖がたっぷり入ったクッキーの他、カンボジア産黒コショウを使ったペッパーナッツなどのお土産もあります。
Data:Angkor Cookies Shop
住所/ On the main road to Angkor Wat, in front of Sofitel Hotel, Siem Reap, Kingdom of Cambodia
TEL/ 855-12-315-804
(車18分 6.5km)
あそぶ

アンコールワット見学&夕日鑑賞

世界遺産であるアンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表する、12世紀にヒンドゥ寺院、王の墳墓として建てられた寺院。すべて石造りで、左右対称の巨大な寺院は、クメール建築の最高傑作と言われる。遺跡は外側から第一回廊、第二回廊、第三回廊となっており、第一回廊にある約50mもの壁画は、その緻密さと美しさに驚嘆。アンコールワットの最も象徴的な部分が、第三回廊の中にそびえる祠堂。傾斜が70度もある階段を上って行きます。第三回廊の西側からは、全景を一望っすることができ、遺跡全体の壮大さを感じられます。
また、夕日に照らされたアンコールワットの姿は、朝日鑑賞とは違った魅力をお楽しみいただけます。
Data:Angkor Wat
住所/ Angkor Ruins, Siem Reap
(車25分 10キロ)
あそぶ

伝統舞踏アプサラダンスショー、どこで鑑賞する?

カンボジアの伝統舞踏アプサラダンス。天使、天女を意味し、きらびやかな衣装をまとった女性が優雅に踊ります。アプサラダンスは9世紀ごろに宮廷舞踊として生まれました。アンコールワットの壁のレリーフにも踊り子がアプサラダンスを踊る姿が描かれています。
アプサラダンスショーは、レストランやホテルで鑑賞可能。小規模なローカルレストランでブッフェスタイルのお食事と共に楽しんだり、5つ星ホテルでおいしいクメール料理とダンスをラグジュアリーに楽しんだりと、お客様のご希望に合わせてご紹介します。
(車10分  5km)
ホテルへ
Borei Angkor Resort & Spa ボレイアンコールリゾート&スパ(3泊目)

Day5

トンレサップ湖クルーズで水上生活を見学

(車38分 18km)
あそぶ

トンレサップ湖半日ツアー

カンボジアの中央に位置する東南アジア最大の湖トンレサップ湖は非常に多くの魚が取れる豊かな湖としても有名。そこには多くの人々が暮らし、湖の恵みを受けて生活しています。この水上集落をボートで巡ります。
湖上の集落には、スーパーや病院、学校などがあり、1つの町として完全に機能しています。住民の多くは湖でとれる淡水魚を主食としており、獲れた魚を都市部で売って生活の糧としています。
乾季のトンレサップ湖は面積が約3万平方キロメートルですが、雨季にはトンレサップ川から大量の水が流れ込み、面積は4倍、水位は1~14mも上昇します。
Data:
住所/ 11km South from Siem Reap Town
(車37分 17km)
あそぶ

スパ・クメールにてマッサージ

日本人女性が経営する、一軒家スパ「Spa Khmer(スパクメール)」。最高級にラグジュアリーで、非日常空間が味わえます。カンボジアの伝承医療と、現代的なリラクゼーションの技術を組み合わせた施術が受けられます。日本人経営ならではの行き届いたホスピタリティも快適です。
Data:
住所/ salakam reuk commune, siem reap, Cambodia
TEL/ 011 345 039
空港へ
シェムリアップ発 プノンペンで乗り換え、日本へ

Day6

朝、成田着

旅行代金(概算)

おひとり様
オンシーズン(2名1室) 320,000円~
オフシーズン(2名1室) 230,000円~
含まれるもの
往復航空券、ホテル4泊 朝食4昼食3夕食2
消費税

Sights Information

アンコール国立博物館

シェムリアップの市内中心部にある博物館。冷房設備が整った施設なので、暑い時間帯でも涼しく見学することが出来ます。博物館の中は、年代やテーマによって「宗教と信仰」「アンコール・ワット」など8つのギャラリーに分かれて展示されています。遺跡から発掘された像やレリーフなどの展示のほか、大型スクリーンでの映像説明などにより、アンコール王朝の歴史を学べます。

オールドマーケット

オールドマーケットは、シェムリアップ川にほど近い、街の中心地に位置。肉や魚、野菜などの生鮮食料品、食器などの日用雑貨、靴や洋服などの衣料雑貨、置物などエリア分けされています。食堂は、地元の人々でにぎわっており、庶民的なメニューをお手頃価格で楽しむことが出来ます。スカーフや工芸品などの伝統的な商品の他、乾物やクメール料理に必要な調味料、特産品の粒コショウ、蓮のお茶などお土産にぴったりな商品も揃っています。

バーストリート

シェムリアップの中心部、ストリート8と呼ばれるのがパブストリート。レストランやバー、クラブが立ち並ぶ、シェムリアップの繁華街です。夜になると派手なネオンのゲートが輝き、人々でにぎわいます。店内で生演奏しているバーやおしゃれなカフェなどの飲食店だけでなく、雑貨ショップやマッサージ店、屋台などもあり、南国の楽しい夜の時間を過ごせます。怪しいムードはまったくありませんので、どなたでも楽しめます。

近隣の都市へ立ち寄りプラン:シアヌークビルービーチリゾート

カンボジアの南部、タイランド湾に面したシアヌークビルは、美しいビーチが約7キロも続く、カンボジアのビーチリゾート。異なった雰囲気のビーチがいくつもあり、ラグジュアリーなホテルやカジノなどが楽しめ、世界中の観光客から注目を集めているリゾートです。沖合に真っ白な砂浜と透明度抜群の海と手つかずの自然が残る2つの島もあります。

近隣の都市へ立ち寄りプラン:ハノイ(ベトナム)

ベトナムの北部に位置する首都ハノイ。政治と文化の中心で、寺院や史跡もたくさんあります。ベトナム王朝の王城跡「タンロン遺跡」、巨大な市場「チョ・ドンスアン市場」、「ホアンキエム湖」などの観光スポットや、世界遺産「ハロン湾」。ハロン湾は、ベトナムの北部、中国との国境からほどほど近い広大な湾内小20距離にあり、日帰りのクルーズだけでも楽しめますが、クルーズ船で1~2泊するツアーもおすすめ。奇岩だけでなく、洞窟(鍾乳洞)を見学したり、美しい夕日や満点の星空、日の出など、その時々で変わる表情が楽しめます。船上で食べるシーフードのお食事も味わうことが出来ます。

近隣の都市へ立ち寄りプラン:ホーチミン(ベトナム)

ベトナム南部に位置する、ベトナム最大の商業都市。旧大統領官邸である統一会堂や中央郵便局、サイゴン大教会などは、フランス統治下時代に建てられ、ヨーロピアンな雰囲気が漂います。ホーチミンの中心のショッピングストリートであるドンコイ通りでは、高級ブランドからかわいいベトナム雑貨までさまざまなショップが並びます。ホーチミン最大の市場・ベンタイン市場は、ローカルも観光客も利用する朝から晩までにぎわうなんでも揃う市場です。